新ルパン三世65話のヤスミン王女

さらわれるヤスミン王女もすばらしいけど、もし誕生日の式典の真っ最中に衆目の前で触手レイプされたら…?
とおもったら興が乗ったのでなんか描いてみたラクガキ。期待せんように。



ココダット王国のヤスミン王女、華の二十歳の誕生祭。

「ビバ!ヤスミーン!」と讃える民衆。

舞い上がる鳩。

貧乏王国の演出だけあって質素なものであったが、
姫の可憐な笑顔がそれらを補って余りあった。

その鳩たちが突然謎の銃声とともに撃ち落とされる。

「ああっ、なんてひどいことを…!」的な反応をする姫君。


そこに登場した謎の鷲型ヘリコプターが、箱を投下する。




箱からは意外にもバースデーケーキが出現。

まぁ知っての通り、本編同様これはミスターXのワナなわけで。



(蝋燭が20本に全然足りてないとか気にしないように)


放送本編同様、無邪気に喜ぶ温室育ちの姫君。

(だいたい、本編でもそうだが、変な巨大ケーキの蝋燭がそんなにキレイか?)


この笑顔を嘲笑いながら眺めている邪悪な目の存在を、姫は知るよしもない。




放送本編では睡眠ガスがケーキから噴出。それによって気絶したヤスミンは誘拐されてしまうという展開だったわけだが…
それはあくまでルパンを誘い出す目的あってのこと。

ターゲットがヤスミン王女自身となれば… ミスターXは、誘拐などと言うまわりくどいことはしない。


そう、タコ触手にいきなり襲わせるのだ。姫君を敬愛する民衆の目の前で…!!



ヤスミン王女「きゃああああああああああっ!!!」

タコ触手はヤスミンの狼狽などお構いなしに、その20歳を迎えたばかりの姫君の女体に容赦なく襲いかかった!!!

あわれヤスミン王女は、タコ触手によって自由をうばわれ、その女体は、集まった衆人に晒しものにされるように宙に浮かされ る。
何者にも汚されないはずの、あこがれの王女… その王女が泣き叫び、弄ばれる姿に、狼狽し、どよめくココダットの国民たち。

それだけではない。この誕生祭はストリーミング配信で、ネットを通じて全世界にリアルタイムで中継されていたのだ。
ミスターXの命を受け、「ココダット王国公式」を謳う、犯罪組織スコーピオンの偽チャンネルの仕業である。

ミスターXは、ヤスミン王女にとりたてて思い入れなどない。
ただ、国際的な犯罪組織などに本来一生縁がないであろうこの小国の姫君を、自分の気まぐれひとつで恥辱の底に堕としてやるこ とに
多少のおもしろみを覚えただけのことである。

ヤスミン王女はあまりにも無力で哀れであった。

一国の姫君などといっても、しょせんヤスミンなど、国際的犯罪組織の首魁の前には、その「気まぐれ」にさえ為す術はないので ある。

ヤスミン王女「いやーっ!!! やっ! やめて!やめてやめて!」

そんな姫を嘲笑うように、タコ触手が全身を弄び、式典の為に用意されたはずのドレスを遠慮会釈無く引き裂いていく。

誰にも見られたこともないはずの柔らかな乳房が露わにされ、淫らに悶える王女の姿が、全世界に曝される。
あまつさえそのふくよかな乳房はもみしだかれ、勃起した乳首が吸盤に嬲られる様子までが鮮明な映像で配信されてしまう。

裸に剥かれ、化け物に犯される羞恥と恐怖に身を震わせながらも、ヤスミンにはどうすることもできない。

ヤスミンの哀願などおかまいなしに、ドレスのスカート部が引き裂かれ、愛らしいリボンのついた白いパンティーが丸出しにされ る。
映像を見ていたミスターXは、その少女のような装飾の下着を鼻で笑うと、遠く離れた地のタコ触手に命令を出す。

ミスターX「そんなものは邪魔だ。 むしり取って… そして…産み付けろ! ヒッヒッヒ…」

タコ触手はヤスミンの股間を覆っていたその薄布を容赦なく剥ぎ取ろうとする。

ヤスミン王女「やあああ! だめですっ… だめぇえええっ!!!!」

引っ張られた薄布は紐のように細くなり、もはや股間を隠すすべもなく、引きちぎられるのは時間の問題だった。

そしてその隙間から覗いたヤスミンの股間は… 
あろうことか既に陰毛がネチョネチョと淫液にまみれ、パンツの布地との間に糸をひかんばかりの有様だったのだ。


ココダット民A「姫!」       ココダット民B「姫様!」        ココダット民C「姫!なんという姿に!」

姫の痴態を見た男達の声に後押しされるように、タコ触手の交接腕がヤスミンの股間に迫る。

ヤスミン王女「いやっ!いやいや!誰か… 誰かたすけてぇええええええ!!!!!!!!!」



白馬の王子など助けに来るはずもない、小国の哀れな姫君はこうして痴態を晒し尽くし
その映像は録画・拡散され、数え切れない男達が肉棒を擦り立てることになった。

ココダット王室は傷ついたヤスミンのため沈黙を守ったが、
映像のあまりの淫らがましさにヤスミンを王女と信じない者まで現れ、罵倒、侮蔑、中傷が渦巻き、
王室の公式サイトはたびたびハッキングされ、愉快犯によってヤスミンの全裸画像が何度となく貼られた。

そしてココダットにろくな軍隊も警察もないとわかると、ヤスミンの身体目当てに王宮に乗り込もうとする者たちさえ現れ始めた のだ…


●ブラウザのバックボタンで戻って下さい●